忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

事前に送って当日配布された要旨集ではなくて,発表に即したものを学会誌とHPに載せるということで,今日〆切のものを編集委員会に送りました。期日までに送らないと,発表題目だけの掲載になるそうです。

これまでこうしたものはなかったように思いますが,どんどん変わっていっているのですね。
PR
行ってきました。風邪もようやく抜けて一安心でした。

私の前の発表の人が結局来なくて(!)30分雑談になったり(かつてそういうこともあったらしいですが,とても聞きたい内容でした…),私の発表時間は他にエジプトの占星術と重なっていてそちらの方に多く行っていたので人数が少なかったのですが,それでも有益なコメントを頂いたり,何よりも久しぶりの研究者の方々と会えたりして,パワーをもらった有益なひと時でした。

これを元に早めに論文を修正したいと思います。

 「自分の大学の学生たちに語りかけたかった」ということで実現した,学内向け講演だそうな(授業の一環でもあります)。
516教室に立ち見が出る超満員でしたし,マスコミもたくさん来ていました。

ノーベル賞授賞式のあと,もっと内容そのものを説明する講演会が再度もたれるようです。

個人的にはいくつも興味深いエピソードがありましたけど,学問や科学をする原動力を

「あこがれ」

と表現していたのが,一番印象的でした。

ただ,「あらゆる学問が大規模化していく」という予測は,できれば当てはまって欲しくない,というのが細々とやっている人文系研究者の願いです。

でも良いひと時でした。
 理学部の益川先生がお取りになりましたね。

おめでとうございます!

既にPOSTでも駐車場の対応が求められていましたし,本学のHPも既にニュースが掲載されていますし,対応が早かったですね。

地道な研究でも良い着眼点を持ってたゆまず続けていけば,見る人は見ているんだなぁと励まされる思いです。

とはいえ,次の記事を見ると「英語嫌いで日本を出たことがない」というのは,面白いエピソードです。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200810070078.html
例年と同じく,今年度も西アジア言語研究会を行うことになりました。
この分野に関心のある方の聴講を,どなたでも歓迎いたします。

     日時:平成19年12月6日(土) 午後1時30分より(予定)
     場所:京都産業大学 第2研究室棟会議室(1階)

終了後,懇親会がもたれる予定です。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/07 atake]
[06/05 atake]
[05/09 atake]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
atake
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析