忍者ブログ
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某大学関係者の方と昼食を共にしながらミーティングを持った他,公開シンポジウム「形態論と隣接分野」を聞きに行きました。どの発表もそれぞれに興味深かったですが,やはりBooij氏の全体から部分へというアプローチがセム語の場合には有効ではないかと感じました。

Booij080623-095221.jpg そのライデン大学のG・Booij氏の著書The Grammar of Words. An Introduction to Linguistic Morphology, 2nd edition. Oxford: Oxford University Press.(2007)が出版社のブースで売られていて,そこを通るたびに勧められていました。彼の講 演の後買おうと思って手に取っていたら著者が来られたので,出版社の方の勧めもあってサインを頂きました。

私が在外研究でライデンに住んでいた時に,すぐ近くの建物だったライデン大学文学部の方だったので(住んでおられるところはアムスのようですが),ライデンの話でひと盛り上がり。「これこれ の人を知っている」と言ったら「彼らとは会うので伝えておく。あなたの名前は?」とのことで,彼らが覚えているかどうか楽しみです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/07 atake]
[06/05 atake]
[05/09 atake]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
atake
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析